動物看護士 資格

動物看護士の資格取得について

動物看護士画像

「動物看護士」とは、ペットクリニックや動物病院などの動物を対象とした医療施設で、獣医師の管理のもとに、治療の際の介添えや入院中の動物たちの世話を行う仕事です。

 

時には、受付窓口や清掃などの雑務まで行うこともあります。

 

人間の場合、看護士は国家資格ですが、動物看護士は、民間資格であり、呼称も「動物看護士」だけでなく、資格を付与する協会や団体によって、さまざまな呼称が設けられています。

 

資格の種類

代表的なものは、以下になります。

 

小動物看護士

一般社団法人 日本ペット技能検定協会の認定資格

 

ペット看護士

一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)の認定資格

 

動物看護士

一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)の認定資格

 

アニマル・ヘルス・テクニシャン

NPO法人 日本動物衛生看護士協会認定(JAHTA)の認定資格

 

資格は必要?

ラブラドールレトリバー画像

いずれの資格も、協会や団体の認定スクールのカリキュラムを修了し、認定試験の合格が必要です。前述した通り、動物看護士として働くために、法律上、必要な公的資格はありません。

 

しかし、動物看護士の仕事は、大切な命を預かる責任ある業務です。スクール、または通信講座で知識とスキルを兼ね備えたうえで、仕事に就くのが一般的だと言えます。

 

また最近の傾向を見ていると、動物病院の数は年々増えており、動物看護士の認知度も高まり、なりたい人も非常に増えています。その影響もあり、募集条件に、経験者や有資格者が優遇されているのが現状です。

 

これから動物看護士を目指す方は、事前に資格を取得しておくことをおすすめします。

 

評判の良い講座はどこ?

 

ブラッシュアップ学び画像ブラッシュアップ学びロゴ

動物看護士の資格は、様々な団体で認定しており名称も様々ですが、特定の資格が就職に有利という訳ではありません。「どの資格を取得するか?」といった事以上に、「どの講座を受講するか?」が大切です。「ブラッシュアップ学び」を活用すれば、受講可能な講座を簡単に比較&一括で資料請求ができます。後々後悔することがないよう、どんな講座なのか把握したうえで申し込みましょう。

 

公式サイトボタン

 

講座を選ぶ基準はある?

動物看護士の講座を選ぶうえで、どのような点に気を付けるべきか詳しく解説していきたいと思います。

 

通信講座?それとも通学講座?

動物看護士画像2

まずは、自分の生活スタイルや置かれている状況なども考慮して、通信講座で学ぶのか?通学講座を利用するのか?をよく考えてみましょう。

 

現在、資格保有者の割合は、8割が通信講座、残り2割が通学講座となっていますので、通信で取得している人が圧倒的に多いのが分かります。

 

テキストは分かりやすいか?

通学・通信どちらにも共通して言えることですが、特に通信講座の場合、テキストの分かりやすさは重要です。

 

初心者でも理解しやすいように、工夫されているか?ポイントが一目で分かるように工夫されているか?といった点を、資料などを入念にチェックしたうえで申し込みましょう。

 

費用は適切か?

通信講座であれば、約4万円程度から10万円以上するものまであり、通学講座であれば、入学金10〜30万円、月額3〜5万円と講座によって大きな開きがあります。

 

もちろん安ければ良い、という訳ではありませんが、中には無料体験講座を実施しているスクールもあります。一度見学してみるのも良いかもしれません。

 

「教育訓練給付金」に対応しているか?

「教育訓練給付金」とは、厚生労働大臣の認定講座を修了した際に、国から補助金が貰える制度です。通常、学費の20%が上限となりますが、平成27年4月入学生を対象に上限60%まで支給が行われます。

 

対応している講座とそうでない講座があります。事前に確認をしてから申込みましょう。

 

学習期間とペース

標準学習期間は、通信講座であれば3〜6ヶ月、通学講座であれば1〜2年前後と、講座によって異なります。

 

単純に期間が短ければ良いという訳ではなく、自分の生活スタイルと照らし合わせて、無理なく学べる講座を選びましょう。

 

実際に講座の資料を請求してみました

 

講座の資料

実際に資料を請求して講座を比較してみました♪

 

こんな時、1つ1つのスクールを自力で調べて、それぞれに問い合わせして資料請求していくのは手間が掛かり大変です。

 

「ブラッシュアップ学び」を利用すれば、複数講座を一目で比較&無料で資料を一括請求できるので便利です。面倒な会員登録も要らないし、「動物看護士」に関するスクール掲載数も豊富です。

 

 

資料請求をして2,3日後には、「日本ケンネルカレッジ」「ヒューマンアカデミー(たのまな)」「がくぶん」「トモニートモロー」「カコ動物看護学院」等の資料が自宅に届きました。

 

請求後に、煩わしい営業電話が掛かってこない点も好感度◎。

 

資料には講座内容や料金といった基本的な情報以外にも、「動物看護士を取り巻く環境」「受講者の声」「動物看護士のインタビュー」「動物病院の就職事情」など、無料とは思えないほど豊富に情報が掲載されており、パラパラと眺めているだけでも参考になります。

 

ブラッシュアップ学び

 

ブラッシュアップ学び画像ブラッシュアップ学びロゴ

「ブラッシュアップ学び」は、年間10万人以上が利用するスクール情報サイトです。動物看護士の講座は、複数のスクールで開講されており、それぞれの講座に特徴があります。「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないように、自分に最適な講座を選ぶことが大切です。まずは気になる講座の資料をいくつか請求してみて、比較検討してみることをおすすめします。

 

公式サイトボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

当サイトでは、現在ペット系の職業でも人気の動物看護士に関する情報をまとめています。動物病院も増え、認知度も高くなりつつある動物看護士ですが、現在大きな課題に直面しているのが現状です。それは、動物看護士の資格は、国家資格ではないため、現在、各々のスクールによって、資格が発行されており、名称はそれぞれ、もちろん教育カリキュラムもそれぞれ異なります。大切な命を預かる看護士の資格である以上、倫理的にも、社会的にも放置をしてはいけない深刻な課題だと言えるでしょう。このままでは、動物看護師の体系的な養成が困難な上、動物看護士の社会的認知も進まないとする団体が、「動物看護師統一認定機構」を設立。動物看護師のコアカリキュラムを制定、2013年(2012年度)より統一認定試験を実施し、合格者に対し、『認定動物看護師』の認定をスタートさせました。機構の構成団体は、日本動物病院協会(JAHA)・日本小動物獣医師会(JSAVA)・日本動物看護学会・日本動物看護職協会・NPO法人 日本動物衛生看護師協会・全日本獣医師共同組合・全国動物保健看護系大学協会・全国動物教育協会・日本獣医学会・日本獣医師会ほか。2015年度(試験実施は2016年)以降は、動物看護師の受験資格が一律に定められますが、移行期間中は、3年以上の勤務経験が受験資格に相当するなどの移行措置が取られています。機構では、将来的に、『認定動物看護師』の国家資格化をめざしています。

更新履歴


このページの先頭へ戻る