動物看護師とは

動物看護師とは?

動物看護師という職業をご存知でしょうか?

 

動物介護士とはまた異なる職として、動物看護師という職があります。

 

この動物看護師について、どのような職業なのかを見ていきたいと思います。

 

動物看護師ってどんな仕事なの?

動物看護師とは、動物病院などでの受付から調剤、獣医師の手術の補助、準備、入院しているペット達のお世話、健康管理などを行います。

 

動物看護師の仕事は、とても多岐に渡っています。具体的には、以下のとおりです。

 

・カルテ管理
・手術の際の獣医師の補助
・入院しているペット達のケア
・体温測定、血液検査などの各検査
・飼い主の方への検査結果の説明
・器具の準備や消毒
・診察の際の補助
・受付
・調剤や発注、管理
・院内の清掃、後片付け
・電話対応やメールの返信
・タオルなどの洗濯、管理

 

など、とても多くの仕事を担っているのです。

 

最近では、動物看護師の存在なくして動物病院が機能しないとも言われています。

 

この動物看護師になるためには、必須となる資格は特にありません。

 

ですが、動物看護師の資格を取得することによって、高い専門的知識と技術を持っていることを証明することが出来ます。

 

飼い主の方からの信頼や、ペット達の安心感を得るためにも、大切なペット達の看護をしていくにあたり、動物看護師の資格は取得しておくべきものと言えます。

 

動物看護師の資格は、就職の際にも有利となることがあり、実際に求人などでもこの資格を条件としているところが多くあります。

 

動物看護師の資格について

動物看護師の資格は、全てが民間資格となっています。

 

ですが、2012年からは、動物看護師の資格認定団体が一緒になり、動物看護師の統一認定試験を行うようになりました。

 

この動物看護師の資格は、将来国家資格とされる可能性があり、今後この資格の価値は高まるものと期待されています。

 

動物看護師になるためには、学校などに通い、専門的な内容を学習した後に、試験を受けるという方法があります。


このページの先頭へ戻る