アニマル・ヘルス・テクニシャン JAHTA

JAHTA認定|アニマル・ヘルス・テクニシャンとは?

数ある動物関連資格の一つにJAHTA認定アニマル・ヘルス・テクニシャンという資格があります。

 

JAHTAとは?

特定非営利活動(NPO)法人 日本動物衛生看護師協会という名称の団体です。

 

この団体の前身は、ヤマザキ学園といい動物分野の専門学校のさきがけともいえる専門学校です。

 

この団体は専門学校を卒業した生徒、ペットに携わる分野での活躍を目指す若者の育成と地位の確立、知識の向上を目指し、数多くの資格制度を設けています。

 

下記は団体の認定資格です。

 

・アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)
・ドッグ・グルーミング・スペシャリスト(DGS)
・キャット・グルーミング・スペシャリスト(CGS)
・コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)
・ベタリナリー・テクニシャン(VT)

 

資格を取得するためには?

アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)の資格を取得するためには、下記の通り受験資格が定められています。

 

・動物看護に関する3年以上の課程を有する、学校教育法が定める専門学校、短期大学、大学(以下、同様とする)を卒業した者(卒業見込者を含む)
・動物看護に関する2年の課程を有する専門学校を卒業し、且つ2年以上の実務経験 を有する者
・資格認定委員会が学習及び実務に於いて同等と認め、20歳に達した者

 

受験希望の際には、事前に受験申込期間を調べ、期間中に忘れずに申込みを行いましょう。

 

受験費用は、¥5000です。(この費用は登録料のみの金額です。)

 

受験は筆記試験、実技試験、面接試験の3部構成で行われます。

 

受験の出題分野は、生命倫理と職業倫理、動物と衛生に関する法規、ヒトと動物の共通感染症・疾病の知識、動物看護に関する知識と技能(臨床検査・診察補助・動物看護・救急看護・手術補助・動物医療機器、薬物、栄養学等)、動物の特性・形態機能等に関する知識、病院受付業務、飼い主指導とアドバイスと幅広い内容ではあるものの、どの分野も実践の場面で重要とされる内容となっています。

 

面接日程、会場共に指定がありますので、受験の際には面接日程のスケジュールも合わせて開けておきましょう。


このページの先頭へ戻る