動物看護師になるには 参考書

動物看護師になるには|おすすめの本&参考書は?

動物看護師を目指す方の中には、おすすめの本や参考書などをお探しの方もおられると思います。

 

やはりペットや飼い主の方の気持ちに寄り添える動物看護師となるためには、資格の取得以外にも本などを読んで学ぶ必要があります。

 

ここでは、動物看護師になるためにおすすめとなる本や参考書について、ご紹介していきます。

 

おすすめの本や参考書は?

動物看護師になるために、おすすめとなる本や参考書というのは、実はとても多くあります。

 

ただ動物看護師として勤務するために必要な知識や技術の本だけではなく、飼い主の方やペットたちの気持ちを理解できるようになるためには、様々な本を読んで勉強することも大切です。

 

たくさんおすすめしたい本などがあるのですが、今回はその中から一部をご紹介します。

 

動物看護専門誌 as(アズ)

こちらは動物看護に携わる方に向けた月刊の動物看護専門誌となっています。

 

毎月様々な連載があり、特集や隔月企画、そして動物病院レポートなどもあります。

 

動物看護師として働く方にとっても、これから動物看護師を目指す方にとっても、とても有益な情報がたくさん詰まっている雑誌です。

 

定期的に購入することによって、自分の知識をどんどん増やしていくと、動物看護師として誇りを持って働けるようになります。

 

写真でわかる基礎の動物看護技術ガイド

こちらの本は、看護実践の基礎と展開が分かり、日々の業務で必要となる看護技術について、写真600枚以上を用いて詳細に解説されているものです。

 

実際に動物病院で勤務する動物看護師からの評価も高く、動物看護師に勤務する前に見ておきたい本でもあります。

 

新・小動物看護用語辞典

動物看護師となるために、民間資格の勉強をするうえでも役に立ちそうなのが、この用語辞典です。

 

専門的な用語が飛び交う現場に入ってからでは、理解するまでに時間がかかってしまいます。

 

法律や栄養、行動学の分野もしっかり押さえられており、約7,000語が収録されています。

 

より専門的な用語も知っておく事によって、様々な状況にも対応できるようになります。

 

認定動物看護師の統一認定試験を受験したいという方であれば、参考書や問題集などが多くありますので、そのようなものを購入することをおすすめします。

 

認定動物看護師の過去問題集なども出ていますので、繰り返し解いて対策を行うこともいいと思います。


このページの先頭へ戻る