動物看護士 資格 独学

独学で動物看護師の資格を取得することはできる?

『ペット看護士』『アニマル・ヘルス・テクニシャン』『認定動物看護師』…。現在、動物看護師の資格は、さまざまな呼称のものが乱立状態にあると言っても過言ではありません。

 

資格取得への早道は、それぞれの資格に応じて、専門学校や大学、通信講座で学ぶことです。職業に就くための必要な基礎知識をスクールで体系的に学び、目指す資格のためにがんばることになります。

 

ゼロからスタートならまず実地から

 

動物看護師の資格取得のために必要なのは、基本的に、ペットの医学・衛生・看護面での広く浅い知識です。だからと言って、「私は長くペットを飼ってきて、経験値からペットへの接し方がわかっているし、おとなしくさせる方法も知っているから大丈夫」というレベルでは、通用しないのがこの業界です。

 

資格はないし、専門的な勉強もしていない。それでも、動物看護師になりたい、という方は、まず、ペットクリニックや動物病院などでアルバイトなどをしてみて、適性を確かめることも大切です。

 

現在、動物看護師の有資格者でなくても、助手やアルバイトで雇ってもらえることが可能です。先輩看護師やドクターの手助けをするうちに、やがて、適性は客観的にわかってくるはず。

 

適性があると思えば、仕事を続けながら、希望する認定資格の通信講座の受講をおすすめします。

 

カリキュラムの終了は資格取得の条件

 

基本的に、ほとんどの組織や団体の認定試験も、認定講座を受け、所定のカリキュラムを修了しないと、資格取得のための認定試験までたどり着けません。例外では、一般試験を認めている一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)がありますが…。

 

また、今後の国家資格化を主眼に置く『認定動物看護師』ともなると、専門学校か大学で所定の単位を取得することが、認定試験を受ける必須条件となっています。

 

認定動物看護師になるためのコアカリキュラムとなると、参考書なども出始めていますが、一般の人が独学で学べるものではありません。今さら、専門学校や大学への入学はムリ、という方は、通信講座で、ペットについての基礎知識、健康管理、しつけやグルーミングについて学び、資格を取得しましょう。


このページの先頭へ戻る