動物看護師 資格

せっかく取得した動物看護師資格。でも院長の知らない資格だった…

動物病院への就職は、非常に狭き門だと言われています。

 

今や動物病院の数は、地域によってはコンビニの店舗数と同じほどだと言われるほどなのに、どうしてこのような状態なのでしょうか?

 

それは、人気のある病院には就職希望者が殺到してしまうからです。

 

週休2日制、トリミング業務なしなどの求人条件は中でも人気があるようです。

 

動物看護師の資格取得や専門学校への進学の際には、少しでも就職に有利な資格を取得しておきたいと考えることでしょう。

 

動物看護師資格は多種多様

今や、動物に関する資格は多々あり、動物看護師に限っても数多くの資格制度が構築されています。

 

就職の際に、有利になる、獣医師ならば誰もが知っている資格というものはないと考えておいてもいいでしょう。

 

もし、獣医師や動物病院関係者が知っているとすれば、資格名ではなく、学校名や通信講座名だけでしょう。

 

その資格を取得するためにどのようなカリキュラムを履修したかまでは、なかなか話が及ばずに、面接を終えることも当然と考えておきましょう。

 

自身の希望する動物病院の求人を見つけ、いざ面接となれば、今までにどのような勉強をしてきたのかを伝えたいと思うものでしょうが、それは釈迦に説法といえるものです。

 

獣医師や先輩看護師からみれば、あくまでも新人であり、見習いなのです。

 

動物病院の狭き門を通過するためには、資格取得を済ませていることは当然と考え、資格だけにこだわった自己PRをするのではなく、資格取得以外に何か他の応募者と差別化できる点がないかを考えておきましょう。

 

動物以外で関心のあること、自分が今までに努力をしてきたこと、社交的である事のアピールなども効果的です。

 

少人数の職場ですから、いかに有名な資格を持っているかよりも、いかに職場の雰囲気になじめるかという点が、採用の可否を決めるポイントになるからです。

 


このページの先頭へ戻る