動物看護士 JCSA

JCSA認定「動物看護士」とは?

『動物看護士』とは、一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)が認定する資格です。資格取得には、2つの方法があります。

 

1つ目は、同協会が年に1回実施する一般試験を受験すること。2つ目は、協会の認定スクール「日本ケンネルカレッジ」の通信講座「動物看護士養成専門講座」を修了し、“認定課題にて一定水準の知識、技能を満たした者”と認定されることによって、資格を得る方法です。

 

学習は、テキストとDVDによるもので、履修内容は、犬や猫についての「歴史・特徴・性格」をはじめ、健康管理、応急処置、食事療法、しつけ、グルーミングなど。添削課題は4回。

 

標準的な学習時間は5カ月。5カ月で課程を修了しなくても、7カ月の教育保障期間があり、無料で学業を続けることが可能です。

 

スクールの特色は、「専門学校の現役講師による学習のサポ?ト」。動物のことで不明な点は、受講科目外のことや、飼っているペットの“愛犬相談”もOKとなっています。

 

受講料は、キャンペーン価格では、85000円。課程を修了すると、資格認定証(マスターライセンス/交付料:5800円)が発行され、合宿形式のスクーリングへの参加が可能です。

 

スクーリング後、動物看護師の資格認定証(動物看護士インストラクターA・B・C級)が与えられます。交付料:7875円。※取得単位数の違いによってA・B・Cの級があります。

 

スクールの就職支援キャリアセンターでは、修了生への就職サポートも行っています。スクールから送られてきたシ?トに希望や条件を記入して送ると、スクールでは、生徒の学習確認シートでこれまでの学業への取り組みや実技練習、実務研修の内容を確認し、個別資料を作成、模擬面接シートは担当が採点したものが返送されるため、実際の面接で活用が可能です。

 

ペット業界と就職活動についての情報も教えてもらえます。受講を検討する人に向けに、DVDに「看護」「美容」「しつけ・訓練」を収めた体験学習キット(無料)も用意されるなど、きめ細かな対応となっています。


このページの先頭へ戻る