動物看護士 仕事内容

動物看護師の仕事内容とは?

動物看護師の仕事内容は、単なる看護にとどまらず、さまざまな要素が含まれています。

 

獣医のアシスタントとしての仕事は、次の通りです。

 

動物看護師画像

1.治療のためにペットの「保定」を行う
2.体温や脈の測定
3.治療器具の準備や手渡し
4.被毛を刈る
5.包帯を巻く
6.検体検査
7.レントゲン撮影の手伝いやフィルム現像
8.手術の助手・後片付け

 

獣医師の手となり足となって、治療の手助けをすることがメインとなります。

 

他にも仕事はたくさんある

他にも仕事内容は多岐にわたり、看護の知識・技術だけでなく、体力・気力、さらには細やかな気遣いも要求されます。衛生管理も仕事のうちで、開院・閉院に際して、院内外の清掃も任されることもありますし、ペットたちの吐しゃ物や糞尿の片づけに追われることもあります。

 

入院設備のある病院の場合、入院中のペットの見回りと餌やり、入院舎の清掃も大切な仕事です。

 

診察後に、医師が発行した処方箋から投薬の準備をし、飼い主への薬についての説明をしたり、ワクチン接種、病気予防、歯磨き指導など、ペットの健康管理を飼い主に指導することもありますし、PCによるカルテの作成や管理・準備などの事務作業もあります。

 

動物看護師はクリニックの“顔”

犬と女性の画像

勤務する“ペットクリニックの顔”として、受付や、電話の応対や受診に訪れたペットの飼い主への接遇も、動物看護師の大切な要素です。

 

受診に訪れるのは、わらにもすがる気持ちの飼い主と、病気やケガを抱えて苦しみながら、住み慣れたわが家からクリニックに連れて来られ、不信感と不安感でいっぱいになったペットの“患者さま”。言葉や行いをもって、飼い主の不安を取り除いてあげなくてはなりません。

 

保定などの際、こちらがネコパンチでケガをすることもありますが、ペットにケガをさせると、補償問題になったり、クリニックの評判にも関係することが。ペットの扱いには、細心の注意を払う必要があります。

 

これらの業務をよどみなくできるようになれば、動物看護師として1人前になったと言えましょう。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

動物看護師になるには?
動物看護師の1日のスケジュール
動物看護師のスクールを徹底比較!


このページの先頭へ戻る