動物看護師 無資格

無資格でも動物看護師になれるの?

動物病院の求人記事を見ていると、「未経験者可」という条件をよく目にすることでしょう。

 

動物看護師の資格は、どれもみな民間団体の認定資格であり、就職にあたって、必須資格を指定されることもありません。

 

ですから、「無資格」での就職が不可能というわけではありません。

 

狭き門の就職

動物病院の就職は非常に狭き門だという事をよく覚えておきましょう。

 

大抵の病院は、欠員が出る都度の募集の為、毎年春の定期採用はあまり行っていません。

 

ですから、求人記事を見つけたタイミングですぐに連絡をすることが重要になるのです。

 

とはいえ、採用人数が少ない狭き門ですから、何かしら自身のセールスポイントを持っていることが重要になります。

 

この時、すでにペット業界で何等かの経験やトリマーやトレーナーといったペット関連の資格を取得しているのであれば、動物看護師資格を持っていなくても支障はないでしょう。

 

ですが、動物関連の仕事が未経験であるのであれば、無資格での採用は難しいと言えます。

 

即戦力としての期待

動物病院の仕事は、さほど多忙に見えず、穏やかな雰囲気の職場にも思えますが、実際には、いつ急患が運び込まれるかわからない緊張感や入院患者のケアなど張りつめた場面ももちろんあります。

 

ですから、就職後に職場の先輩から専門用語を一つずつ教えてもらうという考えでは通用しません。

 

就職後に教えてもらう内容は、その病院なりの仕事の方法なのです。

 

受付でのヒアリング内容、医療機器の保管場所、診察の為の準備、院内の消毒の方法、薬剤の扱い方などです。

 

就職後、日々指導を受ける仕事の内容をしっかりと理解し、スムーズに動けるようにするためには、事前に基礎的な医療用語、季節ごとに予防に関する知識、一般的に飼育されている犬、猫種に関する知識などは先に身に付けておくべきなのです。

 

このような事前学習を済ませている事、基本的な知識を身に付けている事、そして仕事に取り組む意欲を相手に伝えるためにも資格を取得していることは有益といえるでしょう。

 

 

 


このページの先頭へ戻る