動物看護師統一認定機構

動物看護師統一認定機構とは?

動物看護師統一認定機構というものをご存知でしょうか。あまり耳にしたことが無いという方も多いかもしれません。

 

ここでは、動物看護師統一認定機構について、ご紹介していきます。

 

動物看護師統一認定機構とは

動物看護師の資格の中に、「認定動物看護師」というものがあります。

 

2012年度から開始された認定資格であり、今までそれぞれの団体が行っていた動物看護師の資格を統一するという目的で作られたものです。

 

将来的には動物看護師が国家資格にもなるかもしれないとされている資格でもあります。

 

この資格を認定制度を主催しているのが、動物看護師統一認定機構です。

 

動物病院などで勤務することが出来る国家資格を所持しているのは、今のところ獣医師のみです。

 

ですが、人間の病院同様、医師をサポートしていく看護師にも公的な資格が必要なのではないかという事で、資格の全国統一をはかるべく作られました。

 

認定動物看護師統一試験

認定看護師の統一試験を受験するためには、受験資格が設けられています。

 

1,動物看護師統一認定機構が推奨したコアカリキュラムに基づく「動物看護学」を教育する学科・コースのある大学や学校で、認定動物看護師になるために必要となる単位を修得した方
2,動物看護師統一認定機構の受験資格審査によって、個別に認められた方

 

この2点が受験資格となっています。

 

今後、動物看護師の資格を取得するとなれば、動物看護師統一認定機構が定めている学校にて学ぶ必要があるということになります。

 

試験の構成は、一般問題と実地問題となっており、五者択一式・マークシート方式にて実施されます。

 

費用は10,800円に加え、願書請求料として1,080円が必要となります。

 

国家資格として認められるようになれば、試験の難易度や方式などもさらに変化していくものと思われます。

 

ただでさえ人気がある資格となっている中で、知名度も今より高くなり、就職に際しての競争率も高くなっていくのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る