動物看護師 スケジュール

動物看護師の1日のスケジュールはどんな感じ?

動物看護師の1日のスケジュールはどのようになっているのでしょうか。慌しく過ぎていくのか、それともゆったりとした時間の流れなのか、気になるところです。

 

もちろん、クリニックや病院によってスケジュールは変わりますが、大まかな内容を知っているだけでも、動物看護師としての仕事の流れが掴みやすくなります。

 

1日のスケジュール

@入院している動物達の健康チェック
まずは、入院している動物達のところに行き、変化が無いかなどをチェックします。小さな変化にも気づくことが出来なければ、後に大変なことに繋がる可能性もある為、とても重要です。

 

A病院内の掃除
衛生管理をしっかりと行わなければ、病院としての意味が無くなってしまいます。入院している動物達や、来院する動物達、そして、飼い主さんにも、気持ちよく過ごしていただく為に、念入りに行います。消毒剤や消臭剤なども使用しつつ、細かいところまでしっかりと掃除します。

 

B受付や症状の聞き取り
受付業務を行いながら、カルテの管理、電話対応、業者への対応など、様々な仕事を同時にこなし、飼い主さんから、動物の症状を聞き出します。どのような症状で、どのような治療を行いたいのかということを、素早く正確に聞き取る必要があります。

 

待合室で動物の容態が急変してしまう場合もあり、そのような場合にもすぐに対応しなくてはなりません。動物同士の喧嘩などの対応も行わなくてはならない為、気を配らなくてはならない箇所が多く、忙しい時間となります。

 

C診察の手伝い
診察の手伝いを行います。動物達が暴れないように支えたり、処置の準備などを行います。動物達の尿検査やレントゲン撮影の補佐、検体を検査室に運ぶ作業など、仕事はたくさんあります。

 

どれもテキパキとスムーズに行う事が大切であり、動物達の不安を取り除くような働きかけも重要となってきます。

 

D休憩時間
お昼の休憩時間です。休憩中でも、気になる動物達の事を考え、休まらない人もおられるでしょう。

 

E手術の補佐
午後の診療が始まるまでは、多くの病院では手術が行われます。獣医と同じように手術服に着替え、器具を渡したり、傷口をぬぐったするほか、手術後には入院病棟に連れて行ったりと、気が抜けません。

 

F受付や診療補佐
午前と同じく、午後の診療の補佐や受付を行います。診療の合間に、入院している動物たちの処置の補助を行うこともあります。

 

G院内掃除
診療が終わったら、翌日に備えて掃除を行います。備品の補充や整頓、ゴミ出しなどを行い、院内を綺麗にして終了となります。

 

飼い主さんの相談も

このようなスケジュールの間に、飼い主さんから相談を受ける場合もあります。仕事の中に、このような飼い主さんからの相談に乗るということも、もちろん含まれています。

 

動物に対してだけでなく、飼い主さんにも気を配ることもとても大切な仕事なのです。質問や相談にすぐに応じることが出来る様にするためにも、日々の勉強は欠かせません。


このページの先頭へ戻る