動物看護士 資格 種類

動物看護師の資格の種類について

ひと口に動物看護師と言っても、現在、さまざまな呼称の民間資格が存在しています。その一方では、プロフェッショナルな動物看護師とその社会認知を目指し、国家資格化を視野に入れた『認定動物看護師』も誕生しました。

 

数ある民間資格に対して、『認定動物看護師』の存在は、プレッシャーとなるのか?民間資格の保持者には、気になるところです。

 

どんな人が求められているの?

 

求人状況はどのようになっているのか、求人サイトをチェックしてみました。意外にも、『認定看護師』の資格化が求人に影響を与えている印象はありません。

 

動物看護師を正社員として募集し、「資格は問わず」とする医療機関は以前から多かったのですが、現在も、状況に変化は見られません。資格のない見習いとして就職し、ドクターや先輩看護師の指示に従って動いていれば、やがては動物看護師として一人前になるということかもしれません。

 

また、処置方法や薬の処方など、ドクターによってもさまざまだから、資格などなくても、クリニックで実地で学んだほうが良い、とする考え方も根強いようです。

 

経験者/有資格者優遇という条件もある

 

ただし、その一方で、有資格者や経験を積んだベテランが歓迎されていることも事実です。

 

横浜のある動物病院の求人をピックアップすると…「動物看護師・VT(ベタリナリー・テクニシャン/動物医療技術師)・AHT(アニマル-ヘルス-テクニシャン/動物衛生看護師)募集」として、その下に、「いわゆる“雑用看護師”になりたくない方は、せひ当院まで連絡を」と付け加えています。

 

“雑用看護師”とはなかなかに厳しい言葉ですが、医学や衛生など、動物看護師としての基礎知識に加えて、ペットの飼い主にプロとしての対応もできないと、ただの雑用係になってしまうという“たとえ”とも受け取ることができます。

 

大切なペットたちの生命を預かるのは、ドクターだけでなく、動物看護師も同様です。資格は、知識と技術の基礎があることの証明としてあることを、忘れないようにしたいものです。


このページの先頭へ戻る