動物看護士 能力

動物看護師に求められる能力とは?

動物看護師を志望する人には、自分でもペットを飼っている人が少なくありません。現代の核家族社会では、ペットは、コンパニオンアニマルとも呼ばれ、家族と同じかそれ以上の愛情を注ぐ人もいます。ペットの飼い主にとって、ペットの病気やケガは、自分のことのようにつらく悲しいことなのです。

 

思いやりのある接遇は第1条件

 

動物看護師の適格者としては、まず、病気やケガをしたペットを携え、不安な気持ちを抱えてクリニックにやってくる飼い主さんの気持ちに寄り添って、思いやりを持った接遇ができること。飼い主とのコミュニケーションは、非常に大切です。

 

ペットの健康管理や栄養、グルーミングについて、多忙な医師に聞きづらいことを、動物看護師にたずねる人も少なくありません。そのような時は、でき得る限り、的確な答えを返さなくてはなりません。

 

「あの人、態度が悪かった」「あれでプロ?」。飼い主からの不信感やクレームによって、独力の結果得たはずの職を失うことだってあるのです。

 

看護士としての立ち位置を忘れないこと

 

もちろん、獣医の指示の下、ペットを大人しくさせる保定や、聴診器の扱いなどのアシストに加えて、カルテへの記入など、正確な事務作業ができるに越したことはありません。

 

病院には、予防接種以外に、健康なペットは来ないもの。治療の際にパニックになって暴れるペットに噛みつかれたり引っかかれたり、病気のペットにつきものの吐しゃ物や糞尿の片づけに加えて、院内の清掃もあります。

 

また、急な手術が入った時、他に獣医さんの介添えをするスタッフがいない時は、勤務時間を過ぎても介添えに追われる場合もあります。交通事故などで痛ましい姿になったペットが連れてこられることもありますし、人間の病院と同じで、院内には、生死のドラマは至るところに展開されています。心身ともに、タフさを要求される仕事でもあるのです。

 

飼い主を支える可愛いペットたちの健康管理を担う仕事にまい進するために、正しく明るい矜持を持てることも、動物看護師の能力の1つと言えるのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る