動物看護士 資格 勉強

動物看護師の資格を取得するにはどれくらいの勉強が必要?

動物看護師は、ペットクリニックや動物病院になくてはならない存在です。とはいうものの、動物看護師の資格は、人間の看護師のような国家資格ではなく、民間資格。認定団体や組織によって、幾通りもの呼称があります。

 

そして、資格取得のための方途も、さまざまです。まず、通学制の学校では、2?3年制の専門学校や、4年制の大学に、動物看護師の専門学科が開かれています。

 

どちらの学校も、理論と実技を身につけ、所定のカリキュラムを修めた上、認定試験の合格によって、資格取得となります。

 

次に、通信講座があります。スクールから送付されるテキストやDVDによって学習し、添削課題の提出や、認定試験への合格によって資格を取得します。

 

通学制が2?4年かかるところ、通信講座のほとんどが4?5カ月、早くて2カ月で動物看護師の資格を取得できるとされています。さらに、スクールの他に、「未経験可」として動物病院に就職し、働きながら、資格取得を目指す人もいます。

 

このように、動物看護師は、仕事の専門性にもかかわらず、資格の内実が、ははなはだ曖昧なライン上にあります。資格取得までに2カ月から4年という期間の開きも大きいのですが、それ以上に指摘されてきたのが、学習カリキュラムがそれぞれ異なっていることでした。

 

このかん、複数の認定団体が、動物看護師の知識・技術のレベルアップとその均質化、さらに動物看護師の社会的認知を図ることを目的として、「認定動物看護師統一認定機構機構」を組織。

 

同機構では、学習カリキュラムの体系的な整備や資格を1本に統合し、動物看護師の統一資格『認定動物看護師』として、2012年には、統一試験がスタートしています。

 

受験資格としては、動物看護師の専門課程のある4年制大学か、専門コースのある専門学校(2?3年制)の卒業生、または、3年以上の実務経験者となっています。


このページの先頭へ戻る