動物看護師 適正

動物看護師に適正はある?

動物看護師になる前に、まず適性があるかどうかを確認することをおすすめします。

 

適性が無いままに勤務した場合には、後々自分が後悔することになりますし、何より動物達や飼い主の方に失礼な事にもなりかねません。

 

この機会に、動物看護師の適性について確認してみてくださいね。

 

動物看護師の適性とは

動物看護師の適性には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

考えられる主な適性を挙げていきます。

 

大前提として”動物が好き”という事

動物看護師として仕事をすることを望む方の多くは、動物が好きという方だと思います。

 

ですが、中には別の理由で希望する方もおられるかもしれません。

 

動物看護師として勤務するには、大前提として”動物が好き”という事が大切になります。

 

動物が好きという気持ちがなくては、動物達を助けたいという気持ちに繋がりづらいためです。

 

動物看護に対しての知識や技術の向上心

動物看護師は、動物病院にて獣医師の補佐を行ったり、動物達のケアを行っていく仕事です。

 

そのため、動物看護においての高い専門性が必要となります。

 

これらは動物看護師の民間資格を取得することによって身につけることも可能ですが、実際に勤務してから現場の中で学んでいくことも多くあります。

 

「私は勉強して資格をとったのだから、もう勉強は必要ない」という方は残念ながら適性はありません。

 

「もっともっと動物達のために専門性を高めてよりよいケアを行いたい!」「もっと勉強したい!」というように、知識や技術に貪欲な方に適性があります。

 

強い精神力と体力

動物看護師として勤務するためには、強い精神力と体力が必要となります。

 

動物達は診察台の上でじっとしていてくれるわけではありません。動物達にとっては恐怖でしかありませんので、抵抗することが多いのです。

 

そうなると、獣医師の診察がスムーズに進まなくなってしまいますので、動物看護師がしっかり押さえておかなくてはなりません。

 

そのために、体力が必要となるのです。

 

また、動物達の死に立ち会うこともあります。

 

そのような際に一番悲しいのは、飼い主の方です。にも関わらず、動物看護師が一緒になって泣いていては、頼れません。

 

命の重さにしっかりと向き合う強さと、辛い出来事を乗り越えていく精神力が必要となります。


このページの先頭へ戻る