動物看護士 通学講座

通学講座で動物看護師資格を取得する

動物看護師の資格取得のためのスクールには、通学制と通信制の講座があります。今回は、通学講座をご紹介しましょう。

 

動物看護の専門課程のある専門学校(2〜3年制)か大学(4年制)は、すべて昼間に授業があり、知識や理論とともに、実地による学習の機会が豊富にあります。受け身の勉強になりがちな通信講座と比較すると、非常に恵まれていると言えましょう。

 

知識に加えて豊富な実習時間

 

現役の獣医師や教授の指導のもと、構内に飼育されている動物たちを相手に、実際に動物たちの身体に触れて、実技指導を受けることができます。麻酔管理や器具の滅菌、オペ実習など、リアルな動物看護を疑似体験できる学生生活は、まさに“百聞は一見にしかず”。

 

理論と実践を目の当たりにする物理的環境はもちろんのこと、不明点は、この道の専門家である教授や講師、獣医たちに、納得がいくまで質問することができます。

 

また、同じ志をもつクラスメートや先輩に囲まれるなど、人的環境にも恵まれています。夢を語り合う仲間があることは、資格取得へのよい刺激となります。

 

『認定動物看護師』が目指せる

 

もう1つ、資格取得の点でも、恵まれています。その理由は、学習内容が、「コアカリキュラム」に対応したものとなっているからです。コアカリキュラムとは、今後、国家資格化される可能性のある『認定動物看護師』認定試験を受験するために必須とされているカリキュラムになります。

 

『認定動物看護師』とは、獣医や動物病院などの団体によって組織された「動物看護師統一認定機構」によって、動物看護師の質の向上と社会的な認知を目指し、設置された資格です。

 

現在、コアカリキュラムを置いているのは、前出の専門学校か大学のみ。ここでコアカリキュアラムを修め、卒業することが、認定試験の受験資格とされているからです。

 

認定動物看護師は、今後、国家資格にならないまでも、一定の水準の知識と技能の証明として、目が離せない資格となっていく可能性があります。


このページの先頭へ戻る