動物看護師 職場

動物看護師|どんな職場で活躍できる?

動物看護士として資格を取得し、仕事を始めるにはどのような分野での活躍が見込まれるのでしょうか。

 

動物病院

動物看護士の仕事で代表的なものは動物病院に勤務し、獣医師と共に医療の現場で活躍することでしょう。

 

動物看護士としての仕事内容は、診察時のアシスタントはもちろんの事、手術の助手、入院中の動物のケア、医療的なトリミングなど様々な内容です。

 

最近では、動物病院も細分化される傾向があり、歯科専門病院、皮膚科専門病院などの特定の分野で開業する獣医師も増えています。

 

動物専門の夜間救急外来や、高度医療を専門に行う病院、大学病院専門病院、企業と提携して商品開発に尽力する病院などもあります。

 

動物病院への就職を考える際には、自身の方向性、将来の展望を考え希望に合った病院や施設を探してみるとよいでしょう。

 

老犬、介護などの特殊施設

大手企業の運営する老犬介護施設や老犬終生飼養施設などでは、24時間体制で獣医師や看護士の常駐をうたっている施設も増えています。

 

ペットホテルなどでも、万が一の場合に備え、スタッフは看護士資格保持者としている施設もあります。

 

手術などの医療の現場に立ちあうのではなく、万が一の体調の急変が起こった際には、的確な判断と応急処置が出来るという技能を生かすという方法での活躍を希望するにはこのような施設への就職もいいでしょう。

 

犬猫以外にも

動物看護士の仕事は、犬猫に限ったものではありません。

 

最近では、小動物専門の動物病院も増えてきていることから、そのような動物病院での仕事を探してみるのもいいでしょう。

 

飼い主ではなかなか病状の判断の難しい小動物への看護サービス、訪問サービス、ペットシッターという形での活躍も非常に需要があるといえる分野です。

 

ペットタクシーや移送サービス

ペットの急患時の移送サービスを行う企業も増えています。

 

特に都心部では、飼い主が自家用車を持っていない場合が多く、ペットの急病などで動物病院の受診の際には専門の送迎サービスを利用する件数が増えています。

 

そのような会社では、ドライバーはいるものの、送迎中の体調の急変には対応しかねるということから、プロの看護師の手を必要ともしています。


このページの先頭へ戻る